情報発信中!

窓周りのリフォーム

窓周りの様々な問題。

窓・サッシのリフォームで、快適な住環境を取り戻しましょう。

冬季間の結露や、冷暖房の効きの悪さ、周囲の騒音などを「仕方の無いことだ」と思ってあきらめていませんか?窓周りの設備は建物の経年と共に劣化し、機能が低下します。また、最新の技術が生かされた窓は驚くほど高性能。窓のリフォームだけでも室内環境は改善します。ガラス・サッシ・内窓のことなら弊社にお任せ下さい。
以下に商品ラインナップを紹介します。

ペアガラス樹脂窓 〜高断熱で暖かく、冬期の結露も減少〜

複層ガラス構造図

アルミの1000分の1以下という極めて低い熱伝導率のPVC(高耐候性硬質塩化ビニール)製のフレームに、ペアガラスを組み込んだ高断熱サッシです。ペアガラスにはウォームエッジ(低熱伝導率スペーサー)を使用することによって、寒冷な環境、温暖な環境どちらにもバランスのとれた断熱性能を提供でき、冷暖房費の節約に繋がります。また、この低い熱伝導率の働きから、アルミサッシでは防ぎにくい結露も大幅に減少させることができます。

また、溶接されたフレームとペアガラス一体型障子、各種気密材の使用により、気密・水密・耐風圧についても高水準の性能を誇っています。

高断熱真空ガラス 〜真空層が断熱、薄さと高性能の両立〜

真空ガラス構造図

『真空は熱を伝えない』そんな科学的原理を活かし、世界初の真空テクノロジーを駆使して生まれたガラスが「真空ガラス」です。

熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の3形態があり、この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性を生み出し、心地よい暮らしが実現できます。真空ガラスは2枚のガラスの間に0.2mmの真空層をつくることで、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は高断熱特殊金属膜で抑えています。
そのため冬は暖房負荷を軽減し、夏は日射熱を反射して、「冬は暖かく、夏は涼しい」環境をつくりだします。

また、ペアガラスと比較しても薄く単板ガラス用サッシに装着できるという特徴も備えていますので、既存住宅の窓のリフォーム断熱化にも最適です。
エネルギーを上手に活かし、快適な暮らしに役立つ真空ガラスは、地球環境保護(CO2削減)という視点からも、大きな貢献が期待されています。

樹脂内窓の取付 〜サッシ内側に後付けで防音・断熱・結露防止〜

樹脂内窓の取付例

もともと付いている“アルミサッシ”をペアガラス樹脂外窓に交換したいけど、予算の都合上なかなか踏み出せない…というお客様に特にお勧めしたいのが、この「樹脂内窓の取付」です。

断熱樹脂内窓は、すべてオーダーメイドです。だからどの窓にもピッタリのサイズで仕上がります。

「樹脂外窓交換」のような大掛かりな工事も必要なく、約1時間のスピード工事で済んでしまいます。コストパフォーマンス重視のお客様はもちろん、増築・新築の際に追加されるお客様も多いです。現在の状態に簡単に増設できますので、短時間の工事で快適な生活が手に入りますよ!

市内全域 出張見積り無料!お問い合わせはお電話で!011-702-5839 まずは、お気軽にお問合わせください。

Copyright © NARITAGLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.